GIベビーを思い出した

SNSで知り合った男性から精子提供を受け出産した30代の女性が、男性が国籍や学歴を偽っていたなどとして、損害賠償を求め、訴えを起こしました。訴状などによりますと、都内の30代の会社経営者の女性は、夫と
戦後の占領下に進駐軍と日本人女性の間に生まれた「GIベビー」。望まない形での誕生もあったとされ、孤児になったケースも少なくない。小さな命はどのように扱われ、亡くなっていったのか。横浜市中区山手町の児童養護施設「聖母愛児園」に保管されている…

(感じ方には個人差があります)