飛田新地が生きのこってきたのも、腕利きの弁護士を顧問弁護士に迎えるとか遵法精神に則ってきたからなのか、私気になります

大阪の飛田新地、松島新地とならぶ関西有数の色街として知られるのが兵庫県尼崎市のかんなみ新地だ。遊郭として約70年前に始まり、1958年の売春防止法施行後は、飲食店の看板を掲げつつ、いわゆる「ちょんの間」と
大阪通天閣よりさらに南、西成区山王3丁目一帯に、飛田新地という旧遊郭がある。この街と、橋下徹・前大阪府知事との間には、意外な関係があった。作家の山藤章一郎氏が報告する。* * * …

(感じ方には個人差があります)