過去は過去で済ませてたら人生のツケが最も自分にとって苦しい時に必ず回ってきたマーフィーの法則みたいなものか、私気になります

総選挙の投開票日を31日に控え、原発事故被害者たちがジレンマを抱えている。2011年3月の事故発生直後、当時の枝野幸男官房長官が連呼した「ただちに影響ない」が魚の小骨のように喉に引っかかっているのだ。放射性物質は避難指示区域外にも大量に降り注いだが、政府は被曝

(感じ方には個人差があります)