アメリカに三振法があればナイキのジョーダンブランドは生まれなかったのか、私気になります

 ナイキのジョーダンブランド代表を務めるラリー・ミラー氏(72)の〝衝撃の告白〟が物議を醸している。  ミラー氏は来年の初めに予定している著書の出版を前に、米メディア「スポーツイラストレイテッド」の独...

しかし、16歳で酔っ払ってたとはいえ、人一人殺して4年半ってのはアメリカの法制度なのか弁護士の能力なのか、私気になります

Larry Miller has become a symbol of human possibility.

Miller pleaded guilty to second-degree murder and served four and half years for the killing. He later would be back behind bars for a string of armed robberies.

とはいえ、前科があっても人生の勝者になれる、これがアメリカのアメリカンドリームなのかもしれんな
知らんけど