よくあるソーセージの、パッケージの大きさの割に中身が少ない巾着型包装にはこんな理由があったのか

日本ハムは2月から主力のソーセージ「シャウエッセン」の包装を見直す。1985年の発売時から続けてきた袋の上部をしばる「巾着型」をやめ、長方形の袋にする。プラスチック使用量を3割削減できるという。同社によ

同社によると、巾着型の包装は「売り場で目立つ」として、発売時から採用されてきた。

またひとつ賢くなってしまいました