なんかのグラスが女性の胸をモデルにしてるって話を、思い出した

【取材の裏側現場ノート】コカ・コーラを見る度思い出す話がある。1997年、日本の女子バレーボール代表がゆとりがあるハーフパンツを着用して国際試合に臨んだ。国内リーグでもいわゆるブルマが敬遠され始めて

なんであんなものをはかないといけないのか。自分の嫌な思い出も重なり、アコスタ会長に「どうしてそこまでこだわるのか」と直撃した。すると「君ね、キューバ選手を見てごらん。コカ・コーラシェイプだよ。あのカッコよさがないと」。選手の身体を、なめらかな凹凸のあるコカ・コーラの瓶にたとえ、女性の体にフィットしたユニホームを着た格好良さがバレーボールの人気向上には欠かせないと力説されてしまった。今考えると、恐ろしい時代だ。

そうなるとコカ・コーラの瓶もつまりそういうことかと思ってググったら公式情報があった

ちなみに、グラスの件の真偽はどうなのか、私気になります

結婚式やクリスマス、タイタニック号の処女航海やワールドカップの開会式に至るまで、祝いの席に欠かすことのできない酒、シャンパン。マリー・アントワネットもこの美酒を愛してやまなかったと言われているが、その証拠が今もシャンパングラスに残されているという。
 感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多い...