この発想があれば、ノストラダムスがーで就職活動しないでパックパッカーになって、新卒カードを捨てた手札で海外就職に挑んだ人も「セカシュー」できたのか、私気になります

外こもりをしながら、「セカシュー」を目指した貧BPさん。しかし、日系企業の「しがらみ」や、現地企業の「ブラックさ」に辟易し、海外就職はうまくいかなかった。 だが、そんな貧BPさんにも、日本での「サラリーマ... | 社員の口コミがコラム記事になりました。企業の人事制度も公開中。

どうでもいいけど、外こもり時代の貧BP氏なら今のコロナ禍の状況は待ってましただったんだろうな

わずか150万円の貯金で「外こもり生活」に飛び出した貧BPさん。1000万の貯金利率の良い海外の銀行に預け、利息で生活するという理想を実現できなかった。 第3回「抑えきれなかった『衝動』の理由」では、それ... | 社員の口コミがコラム記事になりました。企業の人事制度も公開中。

「じゃあ、外こもりに向いている人ってどんなタイプなの?」と向けてみると、

「インターネットでいくらでも暇を潰せる人。あまりアクティブではなく、淡白な生活に耐えられる人ですね」

知らんけど